草刈作業は電話1本で即解決【専門業者に依頼でまっさらな状態に】

親子

光合成の促進で健康に

男性スタッフ

木が元気に成長するためには、栄養素が豊富な健康な土と水そして太陽の光が必要になります。しかし、木々が小さな土地に密集していてた場合は太陽の光に十分に当たることが出来ません。特に、大きな木がある場合は、すぐ近くの木は太陽の光を大きな木に遮られて、昼間でも太陽の光に当たることはできなくなるでしょう。それでは、木は光合成ができません。光合成が出来ない木は健康的に成長することが出来なくなるでしょう。

そのため、間伐を行ないます。苗木から10年以上経つと木は大きく成長していきます。大きくなった木は、隣の木と葉っぱが重なるので、一本一本の木に適度に太陽の光が行き届くように感覚を開けて間引きすることです。これにより木は、隣の木とカザナルことはなくなり、十分に太陽の光を浴びることが出来ます。また、きちんと地面まで太陽の光が届く環境を作ってあげることによって木だけはなく、森全体が健康で自然豊かな森になります。

間伐を行なうことで適度な太陽の光を浴びることが出来て、木々の成長や豊かな森にすることが出来ます。これにより、木は毎日太陽の光を浴びるので、光合成をきちんと出来るようになります。木が行な光合成は二酸化酸素を吸収して行ないます。そのため、森は新鮮な酸素で溢れて、二酸化酸素の減少が見込めるでしょう。二酸化酸素は多すぎると地球環境に良くないので、間伐を行なうことはエコにも繋がるでしょう。また、新鮮な酸素が豊富なので人間の健康にも良くリッラクス効果の高い森になるでしょう。自然と共に人間が生きていくためにも間伐は必要です。